霊感商法に騙されないための対策

占いを利用する人なら、誰しも霊感商法という言葉を聞いたことがあると思います。中には高額な開運アイテムを売り付けたりしてくる、不安を煽り高額な祈祷を行ってくるというような詐欺的な手口を使って稼ごうとする悪徳占い師もいます。
こうした霊感商法は対面占いに多いですが、電話占いでもゼロでは無いので注意してください。

悪徳な霊感商法かどうかを見極めるポイントとしては、まず必要以上に不安を煽ってくるかどうかをチェックしてみてください。
占いの結果が例え悪いものだったとしても、普通のきちんとした占い師ならその悪い結果を使って相談者の不安を煽ることはしません。その悪い結果をできるだけどう良くしていくかのアドバイスをしてくれます。
悪徳な占い師の場合、悪い結果や相談者の弱みに漬け込んで物を買わせてこようとしたり、何か高額なオプションをさせようと進めてきます。

特に注意したいのは開運アイテムとして物を売り付けてくる占い師です。「騙される」となると高額な物だけを買わされるイメージがあるかもしれませんが、この「騙されている」という気持ちを無くさせるために、あえて少額の開運アイテムを売り付けてくるパターンもあります。
少額の物で「試しに買ってみよう」という気持ちにさせ、後から「このアイテムのおかげで良い方向に進んだ」と思わせることでまた手の届く範囲の値段の開運アイテムを買わせて稼ぎます。
霊感商法=高額な物を買わせられるという訳では無いことを忘れないようにしましょう。

関連記事