占い師が使っているテクニック 〜コールドリーディング編〜

多くの占い師が会話の中で使っているテクニックの一つに「コールドリーディング」と呼ばれるものがあります。
これは事前の準備無し(コールド)で相手の心を読み取る(リーディング)する会話術の一つとなります。
相手の身につけているものや表情、動きなどから情報を読み取り、そこから相手の性格や悩みなどを言い当てるテクニックとなります。
見事言い当てられた人は、「初めて会ったのに私のことを分かっている!この人は本物だ!」と信用するのです。

良く行われるのが、誰にでも当てはまることをあたかも心を読み取ったかのように話す方法です。
例えば「あなたは好きなことには積極的になれるけど、それ以外は消極的ですね」というように、多くの人が当てはまる二面性をもたせたことを言うのは典型的な例で、コールドリーディングの一つ「虹色の戦略」と呼ばれます。

実はどんなに売れている占い師でも少なからずこのテクニックを使っています。
その理由は鑑定結果を受け入れやすくするためであることがほとんどです。占い師とは初対面で相談することになりますから、相談する方は「本当にこの人は当たるのだろうか」と不安な気持ちを持っています。
そうした気持ちのまま本当の占い結果を聞いても釈然としてもらえず、何を言っても結局信じてもらえずに終わってしまいます。
せっかく占ったのにモヤモヤが残ったら相談者も占い師もいい気持ちで終われませんよね。
最初に少しのコールドリーディングを取り入れることで「この人は私のことを分かってる」と信頼してもらい、自然と鑑定結果を受け入れてもらえるような基盤を作るのです。

もちろん鑑定の全てをコールドリーディングなどの会話テクニックだけで終わらせる悪徳占い師もいます。
「視てもらったけど具体的なアドバイスもなかったし、よく考えたら誰にでも当てはまることしか言ってなかったな」と思った占い師はコールドリーディングだけで占いをしている良くない占い師ですので、以降は避けるようにしましょう。

関連記事