こんなメール占いは要注意!

電話占い同様、気軽に利用のできるメール占いですが、リアルタイムにやりとりを行わないことから他の占いと比べてより「占ってもらっている感じ」が感じにくいのも事実です。
そしてこのメール占いの特性を利用して、詐欺のようなサービスを提供している業者もあります。今回はこうした悪徳なメール占い業者の特徴をご紹介いたします。

まずチェックしたいのがメールの内容です。ひどい所だと実際に占いをすること無く、全員に予め決まっていたテンプレートの内容を名前の部分だけ変えてそのまま送るという業者があります。
1通目用、2通目用というようにメールの内容が決まっていて、占いでもなんでもありません。
聞いたことに対して全く触れられていない、誰にでも当てはまるような内容の場合、こうした誰にでも当てはまるような当たり障りしか書かれていないメールは注意しましょう。

またメール占いは基本的にメールのやり取りをした回数で課金されるシステムとなっているため、何通も送れば業者側からしたら儲かります。
そのためまともな鑑定結果を書かずに「相手の気持ちをもっと深く調べるので彼との最近のやりとりを教えて下さい」など、返信を強く促す内容のメールを送ってきます。
このように内容を引き伸ばされるようなメールの内容も業者が出来るだけ長引かせてお金を取ろうとしている可能性が高いため、注意しましょう。

関連記事